最新情報
【新着情報】 相次ぐ米軍機事故に抗議し、全機の飛行停止と安全点検、普天間基地撤去を求める要請〔2018年1月12日〕
  安保破棄中央実行委員会の代表は11日、防衛省を訪れ、沖縄で相次ぐ米軍機事故に抗議し全機の飛行停止と安全点検、普天間基地撤去を求める小野寺防衛大臣宛の要請をおこないました。要請には東森英男事務局長、盛本達也・山本淑子両事務局次長が参加。防衛省の担当官が応対しました。
 東森事務局長は、取り返しがつかない重大事故が発生する前に、住民の命と安全を守るために、オスプレイを含む在日米軍全機の飛行停止と安全点検、普天間基地の即時閉鎖と無条件撤去を米国に求めることを要請しました。

   
【新着情報・署名】 米軍ヘリの部品が落下した宜野湾市の緑ヶ丘保育園父母会の署名にご協力を〔2017年12月20日〕
   米軍のCH53E大型ヘリコプターの部品が12月7日、沖縄の宜野湾市の緑ヶ丘保育園に落下しました。いま保育園の父母会は、「事故の原因究明及び再発防止」「原因究明までの飛行禁止」などを求める署名に取り組んでいます。保育園に対して嫌がらせメールなども送られています。安保破棄中央実行委員会は相次ぐ米軍ヘリ事故に抗議し、飛行中止を求めるこの取り組みに協力して緊急に署名をお願いします。署名は直接、保育園父母会宛に送って下さい。

送付先 〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩2-23-1 緑ヶ丘保育園父母会
   
【談 話】 東森英男事務局長が「度重なる米軍事故に抗議し、ヘリの飛行中止と普天間基
地の閉鎖を求める」談話を発表〔2017年12月13日〕
   12月13日、宜野湾市の普天間第二小学校の校庭に米軍CH53E大型ヘリの窓枠が落下し、児童が負傷したことに東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は談話を発表しました。13日、安倍晋三首相に抗議文を送付しました。
   
【新着情報】 「稲嶺ススム名護市長3選をめざす合同決起集会」を開催〔2017年12月7日〕
  安保破棄中央実行委員会と沖縄県統一連は12月2日、名護市の労働福祉センターで「稲嶺ススム名護市長3選をめざす合同決起集会」を開きました。集会には安保中央の各加盟団体と地方実行委員会から43人、統一連の各団体代表を含め約100人が参加。代表して安保中央の小田川義和全労連議長と統一連の新垣繁信代表幹事があいさつし、辺野古新基地建設を止めるために名護市長選の必勝を訴えました。稲嶺ススム市長があいさつし、2期8年の市政を振り返りながら、名護のたたかいは「翁長知事を支える1丁目1番地」と決意を表明し、全国からの支援を訴えました。統一連の瀬長和男事務局長と安保中央の東森英男事務局長が行動提起をおこないました。

   
【新着情報】 「オスプレイの飛行停止と配備撤回、陸自オスプレイの導入中止を求める」防衛省交渉と院内集会おこなう〔2017年12月7日〕
   安保破棄中央実行委員会は11月29日、「オスプレイの飛行停止と配備撤回、陸自オスプレイの導入中止を求める」防衛省交渉と院内集会をおこない、国会議員9人を含む40人が参加しました。防衛省交渉では抑止力を口実にオスプレイの配備・導入を正当化し、米軍発表の高い「事故率だけが安全性の指標ではない」と不当な態度に終始しました。集会では国会議員の発言や沖縄・高江代表、横田、木更津など各地の運動が報告されました。「辺野古中止・普天間撤去」「オスプレイ配備撤回」などの署名18007筆を追加提出しました。

   
【新着情報】 稲嶺進・現名護市長の市長選挙勝利の応援を〔2017年12月1日〕
 名護市長選挙が2018年2月4日に投開票でおこなわれます。辺野古新基地建設に反対する稲嶺進・現名護市長の2期8年間の実績をいっそう進展させるため、市長選挙を勝利させましょう。選挙応援のための名護市長選挙支援者・登録用紙統一連名護選挙事務所の地図(カンパの送金先含む)を掲載しましたのでご覧ください。全国からのご支援をよろしくお願いします。
 
【新着情報】 稲嶺ススム後援会ニュース(ビラ)が完成〔2017年11月20日〕
   来年2月4日に名護市長選挙がおこなわれます。誠実な人柄と確かな実行力のある稲嶺ススム現名護市長の2期8年間の主な実績を中心に、稲嶺ススム後援会ニュース(ビラ)が出来上がりました。ご覧ください。
   
【談 話】 東森英男事務局長が「辺野古の新たな護岸工事着工に断固抗議する」談話を発表〔2017年11月7日〕
  沖縄防衛局が11月6日、名護市の辺野古崎西側のK1とN5の2か所で新たな護岸工事を開始したことに東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は談話を発表しました。

   
【新着情報・署名】 「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一」3000万署名にご協力を〔2017年9月21日〕
   安倍首相は2017年5月3日、突然、「2020年を新しい憲法施行の年 にしたい」と表明しました。これをうけて、改憲への動きが急速に強まり 憲法9条は、いま戦後最大の危機を迎えています。日本がふたたび「戦争 する国」になるのはゴメンです。“安倍9条改憲”反対の一点で手をつなぎましょう。3000万人の「戦争はイヤだ」の声を集めて、9条を未来につないでいきましょう。
尚、署名用紙はこのデーターから印刷してお使いください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。(第一次集約 2017年12月20日、第二次集約 2018年4月25日、第三次集約 2018年5月末)
   
【新着情報】 「オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める」署名を再度リニューアルしました。署名にご協力をお願いします〔2017年8月24日〕
   沖縄の普天間基地所属の米軍オスプレイが8月5日、オーストラリア沖での訓練中に乗員3名が死亡する墜落事故を起こしました。昨年12月の名護市安倍での墜落に続くものです。米軍オスプレイは日本全国で低空・飛行訓練をおこない、日米合同訓練などにも参加しています。さらに横田基地への配備予定や千葉県木更津での整備、陸上自衛隊へのオスプレイ導入など、欠陥機である危険なオスプレイの飛行・配備は許されません。リニューアルされた「オスプレイ反対の署名」でオスプレイの飛行中止と配備撤回の運動を大きく広げてください。
   
【新着情報・署名】 「西日本各地からの辺野古埋立て用の土砂搬出計画の撤回を求める」署名にご協力を〔2017年7月11日〕
   辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会は、「一粒も故郷の土を戦争に使わせない」と、奄美や瀬戸内海など西日本各地の自然を破壊し、辺野古のサンゴ礁の破壊する埋立ての即時中止を求める「土砂搬出反対署名」に取り組んでいます。尚、署名用紙はこのデーターから印刷してお使いください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。
 
【活用の呼びかけ】 新刊の安保がわかるブックレットO『トランプ政権と「日米同盟」』が発売されました。〔2017年5月31日〕
 安保破棄中央実行委員会は「アメリカ・ファースト(米国第一)」を掲げて誕生したトランプ政権の実態はどうなるのか、安保がわかるブックレットO『トランプ政権と「日米同盟」を』を緊急発行しました。ブックレットは、トランプ・安倍の日米同盟強化による5つの危険を解明しています。全国での運動を広げるために活用されることを期待しています。
   
【新着情報】 辺野古現地支援に行きたい方をサポートします〔2017年5月11日〕
   辺野古では、沖縄県民の民意も法も無視して新基地建設に向けた工事が続けられ、4月25日からは埋立てに向けた護岸工事が始められました。 現地では、安倍政権による工事強行に抗議する座り込みや海上での抗議行動が続けられています。
 現地では、1人でも多く、1時間でも長く、行動に参加をと呼びかけています。
 「1人でもいいから辺野古に行って支援したい」と考えているみなさんをサポートします。気軽にご相談ください。
  ※現地では、「逮捕者、けが人を出さない」、非暴力を原則に取り組みます。
 ◇沖縄までの飛行機・交通、宿泊、辺野古への往復などのご相談に乗ります。
 ◇1人でのご参加も大丈夫です。さらに2人、3人と声をかけ合って多くのお仲間と
   ご参加をお願いします。
 ◇沖縄に行く希望日の10日以上前にご相談ください。
 ◇ご相談は安保破棄中央実行委員会まで。 電話03-3264-4764
 
【活用の呼びかけ】 新刊の安保がわかるブックレットN『改訂版 オスプレイと日米安保』が発売されました。〔2017年4月1日〕
   安保破棄中央実行委員会はこれまで、ブックレットH『オスプレイと日米安保』を発行して、学習とたたかいを広げてきました。今回のブックレットN『改訂版 オスプレイと日米安保』は、沖縄での墜落事故や新たな配備などの情勢をふまえ、改定したものです。全国での運動を広げるために活用されることを期待しています。
   
【新着情報・
3つの署名】
オスプレイの飛行中止、配備撤回、整備拠点撤去などを求める3つの署名にご協力を〔2017年2月13日〕
「東京・横田基地へのCV22オスプレイ配備計画の撤回、普天間基地のMV22オスプレイの飛行中止を求める」国会請願署名、

「木更津に設置の日米オスプレイ整備拠点の速やかな撤去」を求める国会請願署名、

「オスプレイ配備反対!佐賀平野を軍事基地にするな」佐賀県知事宛署名です。

尚、署名用紙は印刷してご使用ください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。

 
【新着情報】 オスプレイ反対の署名をリニューアルしました。「オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める」署名にご協力を〔2017年1月11日〕
 オスプレイ墜落事故が2016年12月に沖縄で起きました。国民的怒りの中でオスプレイの訓練が再開されました。今年は、陸上自衛隊への新たなオスプレイ導入、横田基地への米空軍オスプレイの配備という重大な措置が強行されようとしています。全国が沖縄との連帯を一層強化して、オスプレイの飛行中止と配備撤回の署名運動を国民的な規模に広げましょう。
【新着情報】
安保破棄中央実行委員会のホームページの〔URL〕が9月29日以降下記のように変更になります。〔2016年9月2日〕

 新しいURL http://anpohaiki.news.coocan.jp

【署 名】
高江ヘリパッド建設中止を求める署名にご協力を〔2016年8月23日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「沖縄・高江でのヘリパッド工事中止を求める」署名にとりくんでいます。

【署 名】
辺野古新基地反対署名にご協力を。〔2015年6月3日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名にとりくんでいます。
 「別紙」注文用紙に必要枚数を記入いただき、全国各地で署名運動に取り組むことを呼びかけています。
 署名用紙は無料。(但し、署名用紙の送料は、負担していただきます)。


機関紙 安保廃棄

安保破棄中央実行委員会の新聞です
ご購読をおすすめします 毎月1回1日発行
年間購読料1800円(送料含む)
郵便振替 00120−3−253220

2018年1月号
1面   〇全国の力で稲嶺名護市長3選を
  安保・沖縄県統一連が合同集会
〇相次ぐ米軍事故に怒り 普天間基地の閉鎖撤去を
〇名護市は翁長知事を支える1丁目1番地
  合同集会での稲嶺市長あいさつから
2面   〇沖縄 たたかいの現場から  - 工事の見通し立たず、海上輸送で県民分断
  名護市長選への心理作戦許さず稲嶺3選を -
  / 瀬長和男沖縄県統一連事務局長
〇安保中央12月沖縄行動 名護市長選支援と辺野古・高江行動  
〇名護市長選勝利合同決起集会での発言
  / 全労連議長・小田川義和 沖縄県統一連代表幹事・新垣繁信 団体代表
3面   〇危険な欠陥機オスプレイ配備撤回を 安保中央の防衛省交渉
〇米軍ヘリ事故に抗議や普天間基地撤去、オスプレイ飛行中止要請など
  全国各地のとりくみ 安保中央・東京、広島
〇基地情報
  岩国 - 多機能有する「殴り込み」基地に
  木更津 - 前泊氏講演に2百人参加
〇映画紹介 「明日へ」 僧侶の実話もとに、戦争の罪悪訴える
4面   〇北朝鮮問題と「イージス・アシュア」・ミサイル防衛
  / 安保中央実行委員会常任幹事・小泉親司
〇連載 古堅実吉さんが語る沖縄のたたかい 「戦世(イクサユー)を二度と許さないために」
  @ 連載開始に当たって ? 歴史概観