最新情報
【新着情報】 辺野古新基地反対・7月沖縄行動(7月13日〜15日)に11人が参加〔2017年7月19日〕
   安保破棄中央実行委員会は7月13日〜15日、加盟団体と各地方から11名が参加し、辺野古新基地反対・7月沖縄現地行動をおこないました。参加者は初日、普天間基地・オスプレイ視察などをおこない、沖縄県統一連国場事務所では新垣?信代表幹事のあいさつと、瀬長和男沖縄県統一連事務局長から情勢報告を受けました。2日目は東村高江のN1テントを訪問。座り込み10年になった「ヘリパットいらない住民の会」の伊佐真次さんから経過と現況を話してもらいました。その後、抗議船「美ら海」で大浦湾の臨時制限区域近くのK1とK9護岸で、工事反対の抗議行動をおこないました。午後はキャンプ・シュワブゲート前で座り込み行動。3日目は、早朝からゲート前で照りつける太陽のもとでの座り込みをおこないました。参加者からは辺野古・高江の現実のようすが理解でき、参加して良かったという感想が寄せられています。
 
   
   
【新着情報・署名】 「西日本各地からの辺野古埋立て用の土砂搬出計画の撤回を求める」署名にご協力を〔2017年7月11日〕
   辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会は、「一粒も故郷の土を戦争に使わせない」と、奄美や瀬戸内海など西日本各地の自然を破壊し、辺野古のサンゴ礁の破壊する埋立ての即時中止を求める「土砂搬出反対署名」に取り組んでいます。尚、署名用紙はこのデーターから印刷してお使いください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。
 
【談 話】 東森英男事務局長が「核兵器禁止条約を歓迎し、核兵器廃絶と日米安保の廃棄にむけて奮闘する」談話を発表〔2017年7月10日〕
   人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約が7月7日、国連本部で開かれていた「交渉会議」で、122か国の賛成で採択されたことに東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、談話を発表しました。
   
【談 話】 東森英男事務局長が「『共謀罪』法案の成立強行に断固抗議する」談話を発表〔2017年6月15日〕
   政府与党とその補完勢力が6月15日、「共謀罪」法案を参議院で強行採決したことに東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、談話を発表しました。
   
【新着情報】 辺野古新基地反対・沖縄現地行動 (6月2日〜4日)に23名が参加〔2017年6月7日〕
   安保破棄中央実行委員会は6月2日〜4日、辺野古新基地反対・沖縄現地行動をおこない、加盟団体と各地方から20代の青年6名を含め23名が参加しました。参加者は2日、辺野古のキャンプ・シュアブゲート前テントで瀬長和男沖縄県統一連事務局長から情勢報告を受け、名護共同センターでは早坂義郎さんによる情勢学習。3日は、早朝からゲート前で工事車両阻止の座り込み行動、平和丸による大浦湾の臨時制限区域近くでの抗議行動に参加しました。午後は東村高江のN1テントを訪問し、「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐真次さんから経過と現況を語ってもらいました。4日は、昨年4月28日に島袋里奈さんが元海兵隊員に殺害され、遺棄された場所に献花。その後、嘉手納基地の視察や2004年にヘリが墜落した沖国大を見学、普天間基地とオスプレイの視察などをおこないました。
 
   
   
【活用の呼びかけ】 新刊の安保がわかるブックレットO『トランプ政権と「日米同盟」』が発売されました。〔2017年5月31日〕
 安保破棄中央実行委員会は「アメリカ・ファースト(米国第一)」を掲げて誕生したトランプ政権の実態はどうなるのか、安保がわかるブックレットO『トランプ政権と「日米同盟」を』を緊急発行しました。ブックレットは、トランプ・安倍の日米同盟強化による5つの危険を解明しています。全国での運動を広げるために活用されることを期待しています。
   
【談 話】 東森英男事務局長が「『共謀罪』法案の衆議院での採決強行に断固抗議する」談話を発表〔2017年5月23日〕
  政府与党とその補完勢力が5月23日、「共謀罪」法案の衆議院での採決を強行したことに東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、談話を発表しました。
【新着情報】 辺野古現地支援に行きたい方をサポートします〔2017年5月11日〕
   辺野古では、沖縄県民の民意も法も無視して新基地建設に向けた工事が続けられ、4月25日からは埋立てに向けた護岸工事が始められました。 現地では、安倍政権による工事強行に抗議する座り込みや海上での抗議行動が続けられています。
 現地では、1人でも多く、1時間でも長く、行動に参加をと呼びかけています。
 「1人でもいいから辺野古に行って支援したい」と考えているみなさんをサポートします。気軽にご相談ください。
  ※現地では、「逮捕者、けが人を出さない」、非暴力を原則に取り組みます。
 ◇沖縄までの飛行機・交通、宿泊、辺野古への往復などのご相談に乗ります。
 ◇1人でのご参加も大丈夫です。さらに2人、3人と声をかけ合って多くのお仲間と
   ご参加をお願いします。
 ◇沖縄に行く希望日の10日以上前にご相談ください。
 ◇ご相談は安保破棄中央実行委員会まで。 電話03-3264-4764
【談 話】
東森英男事務局長が「安倍政権による戦争への加担を許さず辺野古新基地を阻止しよう サンフランシスコ講和条約・旧安保条約発効65周年にあたって」談話を発表〔2017年4月28日〕
 サンフランシスコ講和条約・旧安保条約発効65周年にあたって、東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、談話を発表しました。
【談 話】
東森英男事務局長が「辺野古埋立てに向けた護岸工事開始に強く抗議する」談話を発表〔2017年4月25日〕
  安倍政権は4月25日、辺野古新基地建設に向けた埋め立てをすすめるための護岸工事を開始しました。沖縄県の民意も法も無視した工事の開始に対して、東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、抗議する談話を発表しました。
 
【活用の呼びかけ】 新刊の安保がわかるブックレットN『改訂版 オスプレイと日米安保』が発売されました。〔2017年4月1日〕
   安保破棄中央実行委員会はこれまで、ブックレットH『オスプレイと日米安保』を発行して、学習とたたかいを広げてきました。今回のブックレットN『改訂版 オスプレイと日米安保』は、沖縄での墜落事故や新たな配備などの情勢をふまえ、改定したものです。全国での運動を広げるために活用されることを期待しています。
   
【新着情報・
3つの署名】
オスプレイの飛行中止、配備撤回、整備拠点撤去などを求める3つの署名にご協力を〔2017年2月13日〕
「東京・横田基地へのCV22オスプレイ配備計画の撤回、普天間基地のMV22オスプレイの飛行中止を求める」国会請願署名、

「木更津に設置の日米オスプレイ整備拠点の速やかな撤去」を求める国会請願署名、

「オスプレイ配備反対!佐賀平野を軍事基地にするな」佐賀県知事宛署名です。

尚、署名用紙は印刷してご使用ください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。

 
【新着情報】 オスプレイ反対の署名をリニューアルしました。「オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める」署名にご協力を〔2017年1月11日〕
 オスプレイ墜落事故が2016年12月に沖縄で起きました。国民的怒りの中でオスプレイの訓練が再開されました。今年は、陸上自衛隊への新たなオスプレイ導入、横田基地への米空軍オスプレイの配備という重大な措置が強行されようとしています。全国が沖縄との連帯を一層強化して、オスプレイの飛行中止と配備撤回の署名運動を国民的な規模に広げましょう。
【新着情報】
安保破棄中央実行委員会のホームページの〔URL〕が9月29日以降下記のように変更になります。〔2016年9月2日〕

 新しいURL http://anpohaiki.news.coocan.jp

【署 名】
高江ヘリパッド建設中止を求める署名にご協力を〔2016年8月23日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「沖縄・高江でのヘリパッド工事中止を求める」署名にとりくんでいます。

【署 名】
辺野古新基地反対署名にご協力を。〔2015年6月3日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名にとりくんでいます。
 「別紙」注文用紙に必要枚数を記入いただき、全国各地で署名運動に取り組むことを呼びかけています。
 署名用紙は無料。(但し、署名用紙の送料は、負担していただきます)。


機関紙 安保廃棄

安保破棄中央実行委員会の新聞です
ご購読をおすすめします 毎月1回1日発行
年間購読料1800円(送料含む)
郵便振替 00120−3−253220

2017年7月号
1面   ○高江 座り込み10周年報告会−ヘリパッド撤去まで闘おう
○辺野古へ土砂運ばないよう経営者団体に要求−全国港湾・玉田書記長に聞く
○安保中央沖縄行動−護岸工事現場で抗議、辺野古ゲートで座り込み -
2面   ○連載 沖縄 たたかいの現場から−沖縄県統一連事務局長 瀬長和男
○沖縄平和市民連絡会 北上田毅さんの話−違法な辺野古工事は許さない確信をもってたたかおう
3面   ○止めよう 辺野古埋め立て−1万8千人が国会包囲
○北海道−オスプレイ参加の日米共同訓練中止を防衛局に要請
○基地情報
 岩国−艦載機移転承認に抗議する集会
 木更津−オスプレイ整備中、別機が飛来
 横須賀−イージス艦追加配備で14機態勢
4面   ○辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会の取り組み−松本宣崇事務局長
 辺野古土砂搬出反対全国連絡協第4回総会
○連載 川村俊夫 憲法と安保−歴史と課題
 F−安保条約固定期限終了を前に