最新情報
【新着情報】 辺野古現地支援に行きたい方をサポートします〔2017年5月11日〕
   辺野古では、沖縄県民の民意も法も無視して新基地建設に向けた工事が続けられ、4月25日からは埋立てに向けた護岸工事が始められました。 現地では、安倍政権による工事強行に抗議する座り込みや海上での抗議行動が続けられています。
 現地では、1人でも多く、1時間でも長く、行動に参加をと呼びかけています。
 「1人でもいいから辺野古に行って支援したい」と考えているみなさんをサポートします。気軽にご相談ください。
  ※現地では、「逮捕者、けが人を出さない」、非暴力を原則に取り組みます。
 ◇沖縄までの飛行機・交通、宿泊、辺野古への往復などのご相談に乗ります。
 ◇1人でのご参加も大丈夫です。さらに2人、3人と声をかけ合って多くのお仲間と
   ご参加をお願いします。
 ◇沖縄に行く希望日の10日以上前にご相談ください。
 ◇ご相談は安保破棄中央実行委員会まで。 電話03-3264-4764
【談 話】
東森英男事務局長が「安倍政権による戦争への加担を許さず辺野古新基地を阻止しよう サンフランシスコ講和条約・旧安保条約発効65周年にあたって」談話を発表〔2017年4月28日〕
 サンフランシスコ講和条約・旧安保条約発効65周年にあたって、東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、談話を発表しました。
【談 話】
東森英男事務局長が「辺野古埋立てに向けた護岸工事開始に強く抗議する」談話を発表〔2017年4月25日〕
  安倍政権は4月25日、辺野古新基地建設に向けた埋め立てをすすめるための護岸工事を開始しました。沖縄県の民意も法も無視した工事の開始に対して、東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、抗議する談話を発表しました。
【新着情報】 辺野古新基地反対・沖縄現地行動 (6月2日〜4日)に参加を募集中〔2017年4月19日〕
 
 【新着情報】
沖縄の辺野古・うるま市長選挙支援行動 (4月14日〜16日)に10名が参加〔2017年4月19日〕
 安保破棄中央実行委員会は4月14日〜16日、辺野古・うるま市長選挙支援行動をおこない、加盟団体と各地方から10名が参加しました。参加者は14日、辺野古のキャンプ・シュアブゲート前で工事車両阻止の座り込み行動。15日は午前中、平和丸による大浦湾の臨時制限区域での抗議行動とゲート前での座り込み行動に参加。午後は東村高江のN1テントを訪問し、「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐育子さんから経過と現況を語ってもらいました。16日は、うるま市長選挙で翁長知事と共に「建白書」の実現をめざす山内スエコ候補の出発式と、沖縄県統一連の決起集会に参加し選挙支援をおこないました。
【談 話】 東森英男事務局長が「米国トランプ政権のシリア攻撃に抗議する」談話を発表〔2017年4月7日
   トランプ米大統領は4月6日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用して攻撃をおこなったと断定して空軍基地に巡航ミサイル「トマホーク」59発を発射しました。このシリア攻撃に対して東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、抗議する談話を発表しました。
【活用の呼びかけ】 新刊の安保がわかるブックレットN『改訂版 オスプレイと日米安保』が発売されました。〔2017年4月1日〕
   安保破棄中央実行委員会はこれまで、ブックレットH『オスプレイと日米安保』を発行して、学習とたたかいを広げてきました。今回のブックレットN『改訂版 オスプレイと日米安保』は、沖縄での墜落事故や新たな配備などの情勢をふまえ、改定したものです。全国での運動を広げるために活用されることを期待しています。
   
【新着情報】
沖縄の辺野古・高江・伊江島への現地行動 (3月17日〜19日)に43名が参加〔2017年3月21日〕
 安保破棄中央実行委員会は3月17日〜19日、辺野古・高江・伊江島への現地行動をおこない、加盟団体と都府県から43名が参加しました。参加者は17日、辺野古のキャンプ・シュアブゲート前テントで瀬長和男沖縄県統一連事務局長による情勢学習。18日は早朝からゲート前で工事車両阻止の座り込み行動、同時に平和丸による大浦湾の臨時制限区域での抗議行動。午後は東村高江のN1テントを訪問し、「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐真次・育子さんから経過と現況を語ってもらいました。19日は伊江島に渡り、米軍訓練場、オスプレイやF35戦闘機のための米軍伊江島補助飛行場の拡張工事現場を見学し「ヌチドゥタカラの家」反戦平和資料館などを訪れました。
 
【新着情報・署名】  「『共謀罪』の創設に反対する」緊急統一署名にご協力を〔2017年3月8日〕
   安倍政権は、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を今国会に提出し成立させようとしています。「テロ対策」を強調し呼称を「テロ等準備罪」に変更しましたが、当初の法案には「テロ」の文言が全くないことが判明し、あわてて「テロ集団」を追加する始末です。法案では、捜査機関の裁量で解釈が拡大され、内心の自由が処罰につながり、一般市民も対象になる恐れが十分にあります。共謀罪の本質的な懸念は変わっていません。尚、署名用紙はこのデーターから印刷してお使いください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。
   
【新着情報】
全国代表者会議を開催。沖縄に連帯、安倍政権打倒など意思統一と交流・討議〔2017年2月28日〕
 安保破棄中央実行委員会は2月25日、全国代表者会議を東京・全労連会館で開催しました。13団体、24都道府県の代表など52人が参加し、辺野古新基地建設やオスプレイ問題を中心に意思統一と運動の交流をおこないました。東森英男事務局長が報告し、@沖縄の基地をめぐるたたかいの展望、Aオスプレイの新たな配備、導入を許さず、配備撤回させるたたかい、Bトランプ政権のもとでの日米同盟強化とのたたかい、C安保破棄実行委員会の役割、について提起。2つの特別報告と4つの各地のたたかいの報告後、討論、交流をおこないました。日本共産党の井上哲士参議院議員が連帯あいさつしました。 
 
【新着情報・
3つの署名】
オスプレイの飛行中止、配備撤回、整備拠点撤去などを求める3つの署名にご協力を〔2017年2月13日〕
「東京・横田基地へのCV22オスプレイ配備計画の撤回、普天間基地のMV22オスプレイの飛行中止を求める」国会請願署名、

「木更津に設置の日米オスプレイ整備拠点の速やかな撤去」を求める国会請願署名、

「オスプレイ配備反対!佐賀平野を軍事基地にするな」佐賀県知事宛署名です。

尚、署名用紙は印刷してご使用ください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。

 
【新着情報】 オスプレイ反対の署名をリニューアルしました。「オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める」署名にご協力を〔2017年1月11日〕
 オスプレイ墜落事故が2016年12月に沖縄で起きました。国民的怒りの中でオスプレイの訓練が再開されました。今年は、陸上自衛隊への新たなオスプレイ導入、横田基地への米空軍オスプレイの配備という重大な措置が強行されようとしています。全国が沖縄との連帯を一層強化して、オスプレイの飛行中止と配備撤回の署名運動を国民的な規模に広げましょう。
【署 名】
「沖縄県民の民意尊重と、基地の押し付け撤回を求める」全国統一署名にご協力を〔2016年10月5日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「戦争させない・9条壊すな!」総がかり行動実行委員会など3団体の全国統一署名に取り組みます

呼びかけ   署名面   署名 ビラ  
取り扱い団体が
空欄の署名用紙は
こちら


【署 名】
自衛隊の南スーダンからの撤退を求める署名にご協力を〔2016年10月5日〕

 政府は、11月からの南スーダンPKOへの陸上自衛隊派遣部隊に付与する新任務として、「駆けつけ警護」と「宿営地共同防護」を具体化し、任務遂行のための武器使用を拡大しようとしています。安保破棄中央実行委員会は、戦争法(安保法制)の発動を許さないために憲法共同センターのPKO署名に取り組みます。是非ご協力をお願いします。

【新着情報】
安保破棄中央実行委員会のホームページの〔URL〕が9月29日以降下記のように変更になります。〔2016年9月2日〕

 新しいURL http://anpohaiki.news.coocan.jp

【署 名】
高江ヘリパッド建設中止を求める署名にご協力を〔2016年8月23日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「沖縄・高江でのヘリパッド工事中止を求める」署名にとりくんでいます。

【署 名】
辺野古新基地反対署名にご協力を。〔2015年6月3日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名にとりくんでいます。
 「別紙」注文用紙に必要枚数を記入いただき、全国各地で署名運動に取り組むことを呼びかけています。
 署名用紙は無料。(但し、署名用紙の送料は、負担していただきます)。


機関紙 安保廃棄

安保破棄中央実行委員会の新聞です
ご購読をおすすめします 毎月1回1日発行
年間購読料1800円(送料含む)
郵便振替 00120−3−253220

2017年5月号
1面   〇辺野古の護岸工事開始に強く抗議
           東森事務局長が談話
〇辺野古工事は許さない 4・19大集会に3500人
〇辺野古工事すぐ中止を 安保中央が防衛省要請
〇6月25日、東村で高江座り込み10周年報告会
2面   〇沖縄 たたかいの現場から  - 辺野古では改憲国家を先取り
政権は名護市長選対策を強化 -
/ 瀬長和男沖縄県統一連事務局長
〇共謀罪は必ず廃案に 国民を偽る4つのウソ
〇「違法工事やめろ」と唱和 海上抗議行動に参加して
3面   〇共謀罪廃案、全国統一署名、米の北朝鮮武力行使反対など全国各地のとりくみ
  安保中央・東京、岡山、愛知、大阪、兵庫、
4面   〇岩礁破砕許可なしで工事続ける安倍政権 その問題点は何か 
         仲山忠克弁護士に聞く
〇連載 川村俊夫 「憲法と安保」 = 歴史と課題 = D
  - 国民の怒りで岸内閣退陣 1960年の安保条約改定 -