最新情報
【新着情報】
沖縄の辺野古・高江・伊江島への現地行動 (3月17日〜19日)に43名が参加〔2017年3月21日〕
 安保破棄中央実行委員会は3月17日〜19日、辺野古・高江・伊江島への現地行動をおこない、加盟団体と都府県から43名が参加しました。参加者は17日、辺野古のキャンプ・シュアブゲート前テントで瀬長和男沖縄県統一連事務局長による情勢学習。18日は早朝からゲート前で工事車両阻止の座り込み行動、同時に平和丸による大浦湾の臨時制限区域での抗議行動。午後は東村高江のN1テントを訪問し、「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐真次・育子さんから経過と現況を語ってもらいました。19日は伊江島に渡り、米軍訓練場、オスプレイやF35戦闘機のための米軍伊江島補助飛行場の拡張工事現場を見学し「ヌチドゥタカラの家」反戦平和資料館などを訪れました。
 
【新着情報・署名】  「『共謀罪』の創設に反対する」緊急統一署名にご協力を〔2017年3月8日〕
   安倍政権は、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を今国会に提出し成立させようとしています。「テロ対策」を強調し呼称を「テロ等準備罪」に変更しましたが、当初の法案には「テロ」の文言が全くないことが判明し、あわてて「テロ集団」を追加する始末です。法案では、捜査機関の裁量で解釈が拡大され、内心の自由が処罰につながり、一般市民も対象になる恐れが十分にあります。共謀罪の本質的な懸念は変わっていません。尚、署名用紙はこのデーターから印刷してお使いください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。
   
【新着情報】 辺野古行動・うるま市長選挙支援行動 (4月14日〜16日)に参加を募集中〔2017年3月6日〕
   
【新着情報】
全国代表者会議を開催。沖縄に連帯、安倍政権打倒など意思統一と交流・討議〔2017年2月28日〕
 安保破棄中央実行委員会は2月25日、全国代表者会議を東京・全労連会館で開催しました。13団体、24都道府県の代表など52人が参加し、辺野古新基地建設やオスプレイ問題を中心に意思統一と運動の交流をおこないました。東森英男事務局長が報告し、@沖縄の基地をめぐるたたかいの展望、Aオスプレイの新たな配備、導入を許さず、配備撤回させるたたかい、Bトランプ政権のもとでの日米同盟強化とのたたかい、C安保破棄実行委員会の役割、について提起。2つの特別報告と4つの各地のたたかいの報告後、討論、交流をおこないました。日本共産党の井上哲士参議院議員が連帯あいさつしました。 
 
【談 話】
東森英男事務局長が「辺野古での海上工事強行に断固抗議する」談話を発表〔2017年2月7日〕
 安倍政権は、辺野古新基地建設にむけた埋め立て本体工事をすすめようと、2月6日から護岸工事に伴う汚濁防止幕を固定するための大型コンクリートブロックの投入工事を開始しました。辺野古での海上工事強行に対して東森英男・安保破棄中央実行委員会事務局長は、抗議する談話を発表しました。
【新着情報・
3つの署名】
オスプレイの飛行中止、配備撤回、整備拠点撤去などを求める3つの署名にご協力を〔2017年2月13日〕
「東京・横田基地へのCV22オスプレイ配備計画の撤回、普天間基地のMV22オスプレイの飛行中止を求める」国会請願署名、

「木更津に設置の日米オスプレイ整備拠点の速やかな撤去」を求める国会請願署名、

「オスプレイ配備反対!佐賀平野を軍事基地にするな」佐賀県知事宛署名です。

尚、署名用紙は印刷してご使用ください。ぜひ、署名にご協力をお願いします。

 
【新着情報】 オスプレイ反対の署名をリニューアルしました。「オスプレイの飛行中止と配備撤回を求める」署名にご協力を〔2017年1月11日〕
 オスプレイ墜落事故が2016年12月に沖縄で起きました。国民的怒りの中でオスプレイの訓練が再開されました。今年は、陸上自衛隊への新たなオスプレイ導入、横田基地への米空軍オスプレイの配備という重大な措置が強行されようとしています。全国が沖縄との連帯を一層強化して、オスプレイの飛行中止と配備撤回の署名運動を国民的な規模に広げましょう。
【署 名】
「沖縄県民の民意尊重と、基地の押し付け撤回を求める」全国統一署名にご協力を〔2016年10月5日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「戦争させない・9条壊すな!」総がかり行動実行委員会など3団体の全国統一署名に取り組みます

呼びかけ   署名面   署名 ビラ  
取り扱い団体が
空欄の署名用紙は
こちら


【署 名】
自衛隊の南スーダンからの撤退を求める署名にご協力を〔2016年10月5日〕

 政府は、11月からの南スーダンPKOへの陸上自衛隊派遣部隊に付与する新任務として、「駆けつけ警護」と「宿営地共同防護」を具体化し、任務遂行のための武器使用を拡大しようとしています。安保破棄中央実行委員会は、戦争法(安保法制)の発動を許さないために憲法共同センターのPKO署名に取り組みます。是非ご協力をお願いします。

【記 事】
沖縄県統一連は、全国からの要望に応えて、街頭宣伝や屋内集会などで使うための「高江写真パネル」を作成〔2016年9月14日〕

 パネルはA3サイズで、雨などにも耐えられるPP加工されています。価格は製作実費・送料で1セット(写真10枚)5000円です。高江ヘリパッド建設中止のたたかいを全国に広げるためにも積極的に活用してください。
 注文は、安保破棄中央実行委員会にお願いします。

【新着情報】
安保破棄中央実行委員会のホームページの〔URL〕が9月29日以降下記のように変更になります。〔2016年9月2日〕

 新しいURL http://anpohaiki.news.coocan.jp

【署 名】
高江ヘリパッド建設中止を求める署名にご協力を〔2016年8月23日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「沖縄・高江でのヘリパッド工事中止を求める」署名にとりくんでいます。

【活用の
呼びかけ】
安保がわかるブックレットL『戦争法と日米安保』、M『日本の軍事費』が発行されました。〔2016年4月27日〕

 安保破棄中央実行委員会は、安保がわかるブックレット2点を発行いたしました。
 
ブックレットL『戦争法と日米安保』は、戦争法が発動されれば自衛隊員や国民にどんな危険がもたらされるのかを23のQ&Aでわかりやすく解明しています。当面する戦争法廃止のたたかいの学習資材として広く活用を呼びかけます。
 
ブックレットM『日本の軍事費U』は、日本の防衛とは無関係の「アメリカいいなり」の軍事費の実態を解明しています。「軍事費を削って、暮らしと福祉、教育にまわせ」などの運動に活用をお願いします。

【署 名】
辺野古新基地反対署名にご協力を。〔2015年6月3日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名にとりくんでいます。
 「別紙」注文用紙に必要枚数を記入いただき、全国各地で署名運動に取り組むことを呼びかけています。
 署名用紙は無料。(但し、署名用紙の送料は、負担していただきます)。


機関紙 安保廃棄

安保破棄中央実行委員会の新聞です
ご購読をおすすめします 毎月1回1日発行
年間購読料1800円(送料含む)
郵便振替 00120−3−253220

2017年3月号
1面   〇辺野古のたたかいに連帯 安保中央が沖縄連帯行動(2月17〜19日)
〇安保・全国代表者会議ひらく 沖縄連帯強化・政権打倒を
2面   〇沖縄 たたかいの現場から 
 / 瀬長和男沖縄県統一連事務局長
〇沖縄連帯行動の参加者感想
〇全国各地のとりくみ
 長野・オスプレイ訓練中止を 岡山・岩国海兵隊の訓練反対
3面   〇2017年度予算案 軍事費の特徴と問題点
〇沖縄・全国統一署名100万超す 3月9日提出集会
〇書籍紹介 しんぶん赤旗経済部 著
 『軍事依存経済』
4面   〇成果上げた第3次訪米活動 
 日本共産党沖縄県議団長 渡久地修さんに聞く
〇連載 川村俊夫 「憲法と安保」 = 歴史と課題 = B
  - 対米従属へのスタート 平和条約と安保の調印 -